歯科の話をしていく

歯科に関して知っていく

歯科での知覚過敏治療

虫歯になっている訳ではないのに、冷たいものや酸味の強いものがしみる症状を知覚過敏と言います。本来であれば歯の表面にあるエナメル質が守っているため、歯の神経に刺激が加わることはありません。歯茎が下がったり、エナメル質が傷付くなどして神経に刺激が加わる状態になるのが知覚過敏です。歯科医院で治療を行うことができます。治療方法にはいくつか種類がありますが、専用の薬を塗ったりレーザーを当てるなどの方法があります。コーティング剤で症状を軽減させる方法もありますが、時間の経過で剥がれるため、症状が続くようなら歯科医院に通って再度塗ります。

知覚過敏にはコーティング剤を

知覚過敏には様々な治療法がありますが、歯科治療を受けるならコーティング剤がおすすめです。歯の象牙質にコーティング剤を塗って刺激が伝わりにくくすることで症状を軽減させます。これは歯を削らなくていい治療法なので、自分の歯をそのまま長く使い使い続けることが出来ることから、歯科治療の中では選択されることが多い治療法です。薬の種類によっては、数回塗布しなければ効果が得られないこともあります。しかし、毎日の歯磨きで少しずつ剥がれてしまうので、その効果を維持し続けるためには、数か月に一度は通院して塗布しなければなりません。

↑PAGE TOP